吹田市生活困窮者就労準備支援事業

就労は経済的自立だけではなく、日々のリズムを整え、社会での役割を得つつ成長するための機会でもあります。千里寮では社会との関わりに不安を抱えている・生活リズムが崩れている等、就労に向けた準備が整っていない方に一般就労に従事する準備としての基礎能力(生活リズムを整える・コミュニケーションを取る・自己肯定感を高める等)を一人ひとりの状況に応じて最長1年間、計画的に支援していきます。就労に必要な基礎能力の形成及び、就労意欲の換気を図り、一般就労や就労訓練事業に繋げていくことを目的としています。

支援ブログ

11月予定表

紅葉はまだのようですが、肌寒さを感じる今日この頃です。

11月の予定表をアップします。

2017.11予定表

 

10月25日 社会見学

今回は伊丹空港に社会見学に行きました。

空港で働く、いろいろな職種の人を見ました。

まず、チケットの販売、搭乗手続きをするカウンター。

次に、手荷物検査場。

搭乗前の最後の手続きです。

あとはフライトデッキから飛行機の発着の様子見学しました。

この間、チケット販売、案内、保安、飲食店、土産物屋、パイロット、CA、飛行機への荷物積み下ろしなど

様々な場面で働いている人たちを見ました。普段は、あまり気にも留めていないところでいろいろな職業が

あることを知る良い機会だったと思います。

記入 深村

 

10月16日 グループワーク

今回はお金の使い方をテーマにグループワークを行いました。

以下のようなテキストを使って意見を出し合い話し合いました。

お金の使い方

クレジットカードを使った時の便利なところ、危険なところを中心に話し合いをしました。

良かったところとしては、お金が足りない時にクレジットカード会社に相談したことやお酒が飲めたこと、

また、良いところはなかったなどいろいろな意見が出ました。

悪かったところとしては、カードにしたらお金の使い道がわからなくなるやカードでの支払いの意味がよく分かっていないやポイントはおまけ程度なのにそれを貯めにいった、また、そもそもクレジットカードを申し込んだことがいけなかったなどの意見が出ました。

最後の今後のAさんについては、破産に近づいていくや首が回らなくなるやリボ払いでは利息や手数料がついて支払い残額が増えて、払えなくなるなどの意見が出ました。

これからの時代、キャッシュレスが進みカードを使うことも増えてくと考え、このようなテーマでグループワークを行いました。カードのことをよく理解されている人、あまり理解されていない人、いろいろな意見が出て意味のあるグループワークだったのではないかと思います。

 

記入 深村

10月の予定表

昼間の陽射しの強さはまだ残っていますが、朝夕はすっかり秋の気配です。

寒暖の差が激しいので体調管理に気をつけましょう!

10月の予定表をアップします。

2017.10予定表

9月の予定表

暑さも和らぎ、秋らしくなってきました。

9月の予定表をアップします。

2017.9月予定表

 

記入 深村

8月24日 社会見学

今日は江坂にある”ダスキンミュージアム”の見学に行きました。ここは”ミスドミュージアム”と”おそうじ館”の2つのフロアーに別れていて、まずは1階のミスドミュージアムから見学しました。ミスタードーナツのこれまでの歴史についての展示を見て、いよいよミスドキッチンでドーナツ手作り体験、と行きたかったのですが予約が取れず、外から見学だけとなりました。

予約は2か月前から可能ですが、夏休み以外でも予約はなかなか取れないようです(T_T)

ちなみに参加料金は500円です。

次は2階に上がって、おそうじ館の見学をしました。おそうじの歴史や掃除道具の変遷などの展示がありました。

掃除の仕方についての解説などもあり、部屋をきれいにしたい方にはおススメです。

今回の社会見学は、参加者が2名とさみしい感じでしたが、就職が決まって退所された方・実習に行かれている方・ハローワークで仕事探しをされている方など様々な理由で参加できない方がおられたので、就労準備支援事業としては良い傾向なのかな、とも思いました。

 

記入者  深村

 

8月の予定

8月で千里寮就労準備支援室(わくわくわーく千里)も2年目に入ります。

利用者のみなさんもがんばっており、少しずつではありますが、成果があらわれています。

まだまだ力不足の面もありますが、今後ともよろしくお願いいたします!

8月の予定表をアップします。

8月予定表

 

記入 岡本(ま)

 

6月10日~20日 美術クラブ第一回作品展

毎週火曜日の美術クラブでは、先日はじめての「作品展」を開催することができました。

会場は阪急千里山駅前にある”千里山コミュニティセンター”のギャラリー。

就労準備支援室(わくわくわーく千里)と通所事業のメンバーが合計20点の絵画やコラージュなどを出展しました。

作品を額に入れ、ギャラリーでは高さや間隔を調整しながら作品を展示し、

また最終日には作品の撤収などもみんなで力をあわせてやりとげました。

期間中にメンバーみんなでギャラリーに見学に行く機会も設け、

自分自身や仲間の作品を鑑賞し、いろいろな意見を出し合うことができました。

美術クラブでは今後もこのような機会をつくっていけたらと考えています。

 

 

記入者 岡本(ま)

7月5日 ストレッチ

毎週水曜日はストレッチの日。

就労準備支援室(わくわくわーく千里)と千里寮通所事業のメンバーが一緒にストレッチをします。

ストレッチとは、身体の筋肉を無理なく伸ばす体操であり、身体が柔らかくなる他に、

姿勢がよくなったり、肩こりが緩和されたりするなど、さまざまな効果が期待できます。

またリラックスした気分でするため、気分転換や息抜きの効果もあります。

 

 

記入者 岡本(ま)

 

 

7月の予定

暑い日が続きますが、みなさまお元気ですか?

千里寮就労準備支援室(わくわくわーく千里)の7月の予定です。

7月の予定

 

記入者 岡本(ま)

6月の予定

千里寮就労準備支援室(わくわくわーく千里)の6月の予定です。

予定表6月

5月25日・26日 調理実習

5月25日・26日に、わくわくワーク千里では調理実習をしました。

2か月に一度のプログラムで今回は親子丼と焼き野菜のサラダを作りました。

普段は自炊することも少ないと思われますが、皆さん落ち着いた包丁さばきで野菜を切っていました。

切り終えたかぼちゃ・ピーマン・なす等をホットプレートで焼き、お皿に盛りつけました。

色合いもきれいなサラダが完成しました。

いよいよメインの親子丼です。

親子鍋にだしを入れて、玉ねぎを入れて、鶏肉を入れたらしばらく煮込み、鶏肉に火が通ったら溶き卵を入れて、えんどう豆を入れて完成です。

ここで使った玉ねぎとえんどう豆は自分たちが畑で育てたものを使用しました。

あとはご飯にかけて完成です。

最後はみんなでおいしく頂きました。

記入 深村

5月19日 社会見学

5月19日、日本銀行大阪支店に社会見学に行きました。

さすがに、銀行の銀行・政府の銀行・発券銀行と呼ばれるだけあって、見学の予約の段階からいろいろと提出しておかなければならないものがありました。

まず、3か月前から電話で見学予約を入れて、住所・団体名・代表者名を登録し、日本銀行から封書が送られてきます。その中に、見学参加者リストが同封されていて、参加者の氏名を、見学の2週間前までに、郵送・FAX・メールなどで送付しておかなければなりません(当日の欠席はOKですが、AさんからBさんへの変更はNGです)。

見学当日は、封書に同封されていた、予約表を持っていざ日銀へ。

内部に入ってからも、カメラ・ビデオなどの撮影は出来ず、ほとんどの荷物をロッカーに預けて、金属探知機を通ってようやく見学です。

まず、窓口業務を見学しました。窓口はよく街中の銀行で見かけるような感じのもので、1から4までか納付などの業務、5から10までが決済業務などと分れていました。一般の人も反則金の納付やお金が破れたり、燃えたりしたときに紙幣の交換で来られることがあるそうです。

次に、お金の流れや紙幣の偽造防止技術ついての展示室を見学し、1億円の重さの体験などもしました。

普段目にすることがあまりない日銀内に入れたことは貴重な体験でした。

内部の撮影は出来なかったので、外観だけご覧ください。

記入 深村

5月の予定

さわやかな新緑の季節になりました。5月の予定は以下のとおりです。わくわくワーク千里では毎月一回、社会見学として外出する機会がありますが、5月は日本銀行大阪支店(大阪市北区中之島)を見学する予定です。


5月の予定表

 

4月の予定

3月22~24日 調理実習

3月22日~24日、数人ずつのグループに分かれて調理実習を実施しました。

メニューは、焼きそばと餃子、わかめスープ。

焼きそばには豚肉のほか、キャベツ、モヤシ、ニンジンなどの野菜をいっぱいいれました。

餃子を焼くのははじめてという人も、フライパンでこんがりと上手に焼くことができました。

あーだこーだ意見を出し合いながら、楽しく料理をすることができたと思います。

次回は5月を予定しています。

 

記入:岡本(ま)

 

 

 

 

 

3月16日 社会見学

今日は月に一度の社会見学。

グランフロント大阪にあるエアコンでおなじみのダイキン工業のショウルーム”フーハ大阪”に行ってきました。

おしゃれな感じの外観でエアコンのショウルームには思えない感じでした。

中には、住宅用エアコン、業務用エアコン、海外用エアコンなどが展示してあり

普段目にすることもあまりない大型の室外機も見ることができました。

ただ今回は、いつのもの工場見学と違い、実際のものが作られてるところなどは見ることができず

皆さん少し物足りなさを感じていたかもしれません。

 

4月以降の予定は、NHK大阪放送局、日本銀行大阪支店などを考えています。

 

記入 深村

 

 

 

3月14日 美術クラブ

今日は週に一度の美術クラブの日。

色鉛筆や水彩、油絵、切り絵など、さまざまな技法で一枚の紙に何かを表現していきます。

今年にはいって人物画が続きましたが、この日は野菜や果実などの静物画に挑戦。

6月には作品展を開催する予定ですが、それに向けて動き出しました。

 

記入 岡本(ま)

 

3月10日 グループワーク レコード篇

前回に引き続きレコードを用いたグループワークを実施しました。

わくわくワーク千里(就労準備支援室)には、レコードプレーヤーと

いろいろなジャンルのLPレコード約200枚があります。

参加者は好きなレコードを選び、一曲流すとともに自己紹介や近況報告をします。

なかにはレコードにあわせて歌ったり身体を動かしたりする者もいました。

選んだ曲は、シャンソン、映画音楽、ジャズ、歌謡曲、クラシックなどさまざま。

音楽を聴いたあとはみんなの会話ももりあがり、

一緒に新しい仕事をつくろう!という冗談とも本気ともつかない話題もでました。

楽しくそして内容のある時間となったと思います。

グループワークは月に二回実施しています。

 

記入 岡本(ま)

 

3月の予定

少しずつ暖かくなってきました。

草木が芽吹き、生き物も蠢(うごめき)き始める春の到来です。

3月の予定表をアップします。

3月の予定表

2月17日 表現のワークショップ

即興楽団うじゃを迎えての”表現のワークショップ”がありました。

2月26日(日)に大阪市内である”Rock & Art OSAKA 2017 打打打踊”という音楽イベントに

このワークショップのメンバーで出場する予定となっています(下の写真を参照)。

バンド名は”即興楽団UDje( ) × 千里寮芸能団”、

演目名は ”参加型即興演舞〜声を出そう、踊ろう、悪い獅子をやっつけろ!”。約30分のステージです。

さて、この日のワークショップでは、歌、太鼓の掛けあい、獅子舞い、木遣り歌風叫びなど、

ステージの大まかな流れを確認しました。

集中力、やる気、積極性が感じられるワークショップになりました。

また”Rock & Art OSAKA 2017 打打打踊”の実行委員でもあるドラマーの梶原さん(元ザ・ブルーハーツ)も

ワークショップに参加し一緒に太鼓を叩いてくれました。

当日はこのメンバーと梶原さん率いる太陽ドラムとの即興コラボもある予定です。

これまでの成果を出し切れるようなステージとなったらうれしく思います。

 

記入 岡本(ま)

2月26日のステージの流れにそっての稽古。

2月26日(日)に開催される”Rock & Art OSAKA 2017 打打打踊”。

”即興楽団UDje( ) × 千里寮芸能団”のステージは15時30分頃を予定しています。

会場はSAORI会館(大阪市都島区中野町5-13-4)。

2月10日 社会見学~西成区釜ヶ崎(あいりん地区)を歩く

この日は、月に一回の社会見学。

みんなで大阪市西成区の釜ヶ崎(あいりん地区)を歩きました。
日雇い労働者のまちとして知られた釜ヶ崎では、仕事が減ってしまったため、

野宿を余儀なくされる労働者も多くいます。
そうしたなか、社会福祉政策がすすみ、行政や民間の組織を中心に、
さまざまな支援がすすめられてきています。
そして苦難を乗り越え、何か新しいものを生み出そうとする人たちも存在します。

 

【簡易宿所(ドヤ)が立ち並ぶ釜ヶ崎】

 

今回はまず、社会福祉法人 大阪自彊館が運営する救護施設 三徳寮を訪問し、
そこでおこなわれている自立支援プログラムや中間的就労の現場を見学しました。

特に中間的就労は”わくわくワーク”のメンバーにとっても関わりがある内容であるため、

興味をもってお話を聞けたと思います。

また三徳寮の屋上につくられた菜園も見学しました。

 

【救護施設三徳寮の屋上に設けられた菜園】

 

続いて、あいりんセンターや大阪社会医療センターなどを訪問したのち、

釜ヶ崎の”通称”三角公園(萩之茶屋南公園)に行きました。

ここでは、日雇い労働を40年以上続けてきた男性の話をうかがいました。

これまで苦労したこと、しかしそののち音楽と出合い、人とのつながりもたくさんでき、

昨年からは高校にも通っているという体験談は、みんなの心にもしみわたったと思います。

 

【三角公園で出会った労働者から話を聞きました】

 

釜ヶ崎のメインストリートに面した一角では、花壇をつくっている男性に会いました。

ここは行政が管理する土地なのですが、この男性はゲリラ的に花壇をつくりはじめ、

現在では地域の人びとだけでなく行政の方も協力的になってきているそうです。
もともとは、釜ヶ崎で亡くなった人たちを供養するためにこの”ゲリラ花壇”をつくりはじめたとのこと。
私たちも線香をあげさせていただきました。

 

参加者からは「実際に見たあいりん地区の印象は、最初もっていた悪いイメージではなかった」

との感想も寄せてもらいました。

 

【”ゲリラ花壇”にはたくさんの花が咲いていました】

 

記入 岡本(ま)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月25日~27日 調理実習

就労準備支援室では、二か月に一度、調理実習のプログラムがあります。

これまで調理実習は近隣の公民館の調理実習室を使用していたのですが、

利用できる時間が決まっているため、じっくりと調理することがむつかしい状況にありました。

そこで今回より数名ずつ何回かに分かれて就労準備支援室で実施することにしました。

メニューは皿うどんとおにぎり。皿うどんは具に野菜をたっぷり使いました。

日常の食生活ではどうしても野菜不足になりがちなので、野菜をいかに使うかは大切な課題です。

試食のときには、レコードでムードのある音楽を流して、優雅な気分を味わいました。

次回の調理実習は3月の予定です。

 

記入 岡本(ま)

 

 

平成29年2月の予定表

1月20日 グループワーク ”レコード篇”

就労準備支援室ではグループワークを月に二回実施しています。

今回は初めてのレコードを使用したグループワーク。

まず用意した約200枚のレコードのなかから好きなレコードを選びます。

そしてみんなの前でなぜそのレコードを選んだのかを説明したあと曲を流します。

なかにはレコードやプレーヤーを触れるのは初めてという者もいます。

レコードを流したあと、参加者全員で聴いた感想を言葉にします。

みんなが選んだレコードは、歌謡曲や演歌、フォーク、昔なつかしの映画音楽などさまざま。

それぞれが思い入れのある音楽をみんなで聴くことにより、

ひとりで聴くのとはまた違った楽しさがあることを実感できたことと思います。

次回は2月を予定しています。

 

記入 岡本(ま)

 

 

1月24日 社会見学~造幣局へ

社会見学で大阪市北区天満にある造幣局に行き、工場と博物館の見学をしました。

造幣局の工場では、500円、100円などの硬貨、勲章、オリンピックのメダル、

国民栄誉賞の楯なども作られているそうです。

ビデオ映像を見たあと係りの方の案内のもと、硬貨が製造される過程をまなびました。

博物館では日本の古い硬貨や世界各地のユニークな硬貨などが展示されていました。

この造幣局があるところは桜の名所(桜の通り抜け)としても知られています。

「桜の季節に来たいね」という声も聞こえました。

造幣局での見学のあと、大阪天満宮にも立ち寄りました。

ちょうどこの日は初天神でおおぜいの参詣客でにぎわっていました。

少し遅い初詣で、みんなの気持ちがさらに引きしまったことと思います。

 

記入 岡本(ま)

 

 

 

1月16日 地域ボランティア

この日の午前中は地域ボランティアの日。近隣の公園の清掃をみんなでします。

雪が舞っていましたがしだいに晴れ間がのぞいてきました。しかしやっぱり寒い。

休憩時間にはみんなであったかいお茶を飲みます。

「あったまるね」

こんな些細な一言ですが、おのずと連帯感のようなものがうまれてきます。

こうした気持ちをもってもらうのも、地域ボランティアのねらっていることのひとつです。

 

記入 岡本(ま)

 

 

1月12日 健康栄養講座

看護師と栄養士を講師とした”健康栄養講座”を実施しています。

この日のテーマは「手洗いについて」。

ひとりずつ手洗いをして、特別な粉を用いて、どれくらい洗い残しがあるのか確認してみました。

そして効果的な手洗いの方法や感染症についての基礎的なことがらをまなびました。

インフルエンザなどの感染症が流行しやすいこの時期、その予防として手洗いはとても有効です。

健康栄養講座は毎月一回やっています。

 

記入 岡本(ま)

1月6日 表現のワークショップ

この日は、即興楽団”うじゃ”のみなさんを迎え

月に一度の表現のワークショップがありました。

救護施設千里寮や通所事業の利用者のみんなと一緒に

就労準備支援のメンバーも4名参加しました。
はじめのうちは照れがみられたりもしましたが、
仲間たちの堂々とした姿に触発されてか、
中盤からは照れることなくやりきる姿が見られました。
太鼓の即興アンサンブルや踊りのほか、獅子舞にも挑戦。
2月末には音楽ステージへの出場が予定されています。
このワークショップやステージをとおして、
人前で自分をだしきる力を身に着けてくれたらうれしく思います。

 

 

記入 岡本(ま)

 

15800384_1256810121084019_8957775594997278287_o1

1月4日 本年もよろしくお願いします!

あけましておめでとうございます。

本日が今年初の”わくわくわーく千里”(就労準備支援室)。

みんなそろったところで書初めに挑戦しました。

毛筆で文字を書くのは学生のとき以来という者がほとんど。

「有言実行」、「新年一歩」、「一期一会」、「心技体」、「毎日青空」など、

ひとりひとりが胸のうちに秘めた希望や熱い思いを言葉にしました。

2017年(平成29年)もよろしくお願いします!

 

記入 岡本(ま)

 

15826679_1255088857922812_7503028736159605296_n1

12月28日 大そうじ

この日は、”わくわくわーく千里”(就労準備支援室)の年内最終日ということで、午後から大そうじをしました。

床、玄関、トイレ、ベランダ、窓、押し入れのなか、エアコンのフィルターなど、きれいにすべき箇所はたくさんあります。

みんなで手分けをして連携をとり、あっという間にきれいにすることができました。

今年の8月にスタートして、まだ半年に満たない”わくわくわーく千里”ではありますが、

みんなでよいスペースにしようという機運が生まれてきているのはとてもうれしいことです。

利用者のみなさんの次なる一歩のサポートに向けて、来年はもっとがんばりたいと思います。

 

記入 岡本(ま)

s_img_19321 s_img_19261

平成29年1月の予定

わくわくわーく千里(千里寮就労準備支援室)の平成29年1月の予定です。

新年は1月4日(水)よりスタートいたします。みなさまよい年をお迎えください。

1月の予定

記入 岡本(ま)

12月26日 公園清掃~地域ボランティア

午前中、”地域ボランティア”の一環として近隣の公園清掃をしました。

こうした野外の作業をすることにより、体力がつくというねらいがひとつあります。

実際に最初のうちは重たかったからだも、回をかさねるごとに動くようになってきます。

また、こうした作業は地域の人びとからよろこばれるため、

「おつかれさま」「ごくろうさま」と声をかけてもらうことにより、

はげみとなったり、ひとりひとりの自信につながるという効果があります。

公園清掃ひとつをとっても、就労に必要なさまざまな意義を認めることができるのです。

 

s_img_19021

 

記入 おかもと(ま)

12月21日 健康栄養講座とクリスマス茶話会

 

就労準備支援室(わくわくわーく千里)では、毎月一回”健康栄養講座”を実施しています。

この日は栄養士の資格をもつスタッフを講師にむかえ、ソフトドリンクについてまなびました。

コーラやサイダー、缶コーヒー、紅茶、スポーツドリンク、オレンジジュースなどなど。

私たちはふだんこれらを何気なく飲んでいますが、どれくらいの量の砂糖が使われているか

しっかりと把握していません。

今回の講座では、ソフトドリンクに含まれている砂糖の量を実際に知り、

そしてどれくらいの量が適量なのかについてまなびました。

想像以上に砂糖が多いものがあるいっぽうそうでないものもあり、発見がありました。

s_img_18761

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

健康栄養講座が終わってからは、引き続き”クリスマス茶話会”を開催しました。

この日に向けてクリスマスツリーの飾りつけをすすめてきました。

またうれしいことに仲間のひとりがサンタの人形を持ってきてくれました。

サンタにはオルゴールが内蔵されておりクリスマスソングが流れます。

おだやかな気持ちにひたりながら、みんなでこの一年をふりかえりました。

s_%e7%84%a1%e9%a1%8c1

 

記入 おかもと(ま)

12月19日 表現のワークショップ

”表現のワークショップ”がありました。ファシリテーターは”即興楽団うじゃ”のみなさん。

太鼓をたたいたり、声を出したり、歩いてみたり、身体を動かしたりしますが、

それらすべてに共通するのが”即興”であるということ。

一般的な音楽では楽譜に決められたとおりの進行をするため、途中での変更というのはまずないわけですが、

”即興”の場合はそういうわけではありません。

この日のワークショップでは、”なぜ即興か”ということについてもみんなで考えることができました。

”即興”という方法は社会福祉と深くかかわるようです。

このワークショップを重ねることをとおして、こうした問題をさらに考えることができたらと思っています。

 

記入 岡本(ま)

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月16日 社会見学~アサヒビール吹田工場へ

 

この日は、吹田市内にあるアサヒビール吹田工場に行きました。

明治時代に大阪麦酒会社が設立され、吹田村醸造所がつくられました。

地域の歴史を知ることはとてもだいじなことです。

また実際にビールがどのようにつくられ、製品となっているのか、その工程をまなびました。

社会見学は毎月一回、開催しています。

次回は翌年の1月24日(火)、造幣局(大阪市北区)に行く予定です。

15578429_1239310596167305_2456575801236006806_n2

 

記入 岡本(ま)

 

 

 

 

 

12月9日 グループワーク

 

わくわくわーく千里(千里寮就労準備支援室)では、月に2回、

グループワークというプログラムがあります。

その進め方、あつかう素材やテーマはいくつかありますが、

この日は新聞を用いたグループワークを実施しました。

それぞれが最近の新聞のなかから気になる記事を選択します。

そしてその記事について、順番に発表し、みんなで質疑応答をします。

こうしたグループワークをとおして、人前で話すことが苦手だった利用者が

きちんと話せるようになったり、他の人に質問できるようになります。

またグループ全体のなかで、自分がどのような役割を果たしたらよいのかについて

考える力も身につきます。また他の人が選んだ新聞記事をとおして、

知識が深まったり、視野が広がったりするという効果も期待できます。

この日、みんなが選んだ記事の見出しは、

「トランプショック」、「カジノ誘致急ぐ自民」、「残業する5人に1人意識低下」、

「朴大統領弾劾」、「プロ野球選手契約更改」など。

国際問題や政治・経済の問題あるいは労働環境の問題など、みんなの関心が

さまざまな方向に向いていることがわかり興味深いです。

img_1821

 

記入 岡本(ま)

 

 

 

12月6日 さまざまな技法を駆使して”美術クラブ”

火曜日の午後は”美術クラブ”。

先週に引き続き、みんなで鳥の絵に挑戦をしました。

モチーフが鳥なのは、来年の干支が酉年だからです。

水彩画や色鉛筆だけでなく、チラシや色紙の切り貼り(コラージュ)で

作品をつくるなど、その表現手段はさまざま。

こうしたさまざまな技法を駆使できるようになったところに、

これまでの積み重ねがいかされていると感じられます。

みんな真剣に作品づくりに取り組みました。

 

記入 岡本(ま)

 

s_img_18131 s_img_18121

12月5日 玄関のハイビスカス

haibisucuss

わくわくわーく千里(千里寮就労準備支援室)の玄関には、

ハイビスカスの鉢植えがひとつあります。

しばらく咲いていなかったのですが、再びきれいな花をつけるようになりました。

8月にオープンしたときは利用者の数は3名だったのですが、

現在では10名を超えるまでに増えてきました。内職作業や畑作業、

地域ボランティアなど、みんなそれぞれのプラグラムに応じて、

次のステップに向けてがんばっています。

 

記入 岡本(ま)

 

 

 

 

 

 

12月5日 地域の公園の清掃~地域ボランティア

kusakari

 

新しい”地域ボランティア”を開始しました。

それは近隣の自治会から要望のあった公園の清掃。

雑草を刈り、竹ボウキで雑草を集め、ビニール袋につめていきます。

みんなで連携しながらする作業であるため、

協調性や臨機応変な対応などが必要となります。

おだやかな朝の陽射しを浴びながらみんなでがんばりました。

 

記入 岡本(ま)

 

 

畑作業の苦労とやりがい

12月2日(金)

おだやかな陽射しのなかでの畑作業。

まずはみんなで、作物の生育具合をチェックするために畑を歩きました。

ダイコン、カブ、ミズナ、サニーレタス、タマネギ、ソラマメなどなど、

いろいろな作物が生育しています。

その後、ミズナやサニーレタスの収穫をしました。

できた野菜は自宅に持ち帰り、各自自炊に使用します。

収穫のあとは、みんなで畑の石ひろいをしました。これは地道な作業です。

石ひろいをしながらこんな会話をしました。

「こんなに手をかけるわけだから、きちんと育ったらほんとうにうれしいですね!」

「ほんとうですね!」

畑作業は、農業の知識を身につけたり、体力をつけるだけでなく、

あたたかなコミュニケーションの場にもなっています。

記入 岡本(ま)

 

15220063_1223144911117207_3455494869372449227_n1

社会見学~国立民族学博物館へ

14610990_1165565910208441_3402551699035144932_n1

11月10日(木)、万博記念公園内にある国立民族学博物館にみんなで行きました。特別展”見世物大博覧会”では、見世物や芸能で生きる人びとのおもしろさだけでなく大変さなどもわかりました。また常設展では、世界のさまざまな民族の伝統的な文化にふれ、世界にはさまざまな暮らしや生き方があることをまなびました。

わくわくわーく千里では、毎月一回社会見学を実施しています。今回のような博物館のほか、企業・工場見学などもおこなっています。働くことのイメージをつくり、社会に対する興味を深めたり、視野をひろげることを狙いとしています。

みんなで鳥の絵を描こう”美術クラブ”

15253556_1218944468203918_8046725584207870692_n2

11月29日(火)、この日は週に一度の”美術クラブ”。美術講師に来てもらい、来年の年賀状の干支にちなみ鳥の絵を描きました。ニワトリだけでなく、フクロウ、ワシ、ヒヨコなどさまざまな鳥の絵。試行錯誤しながらみんな一生懸命絵画にとりくみました。来週も同じテーマで継続する予定です。
記入者 岡本(ま)

12月の予定

8月にスタートした”わくわくわーく千里”(千里寮就労準備支援室)も12月で5か月目を迎えます。
ここに集う仲間たちも増え、次のステップに向けて日々がんばっています。

12月の予定

記入者  岡本まさ

11月16日 福祉施設で草刈り”地域ボランティア”

%e5%bc%98%e6%b8%88%e9%99%a2%ef%bc%92

11月16日(水)

就労準備支援室では、さまざまなプログラムを用意していますが、そのひとつに地域ボランティアというのがあります。外に出て今までとは違う環境のなかで、ボランティア活動をおこなうことは、これから就労しようという人たちにとって、さまざまな効果が期待できます。この日は大阪市立弘済院で草刈りをしました。弘済院は明治時代まで歴史をさかのぼることができる福祉施設であり、敷地には緑がいっぱいあります。好天のもと、みんなで草刈りをし、気持ち良い汗を流しました。

記入:岡本(ま)

 

11/21 調理実習

11月21日(月)

この日は調理実習を実施しました。メニューは、カレーライス、サラダ、そして野菜スープ。野菜を切るところから始め、みんなで手分けをしながら調理しました。(1)栄養バランスよく、(2)費用をあまりかけず、そして(3)手間をかけずに、これら3点に留意しながらやっています。少し甘口のおいしいカレーが完成しました。食生活を考えることは健康の基礎であり、ひいては就労するうえでもきわめて大事な事です。次回は来年一月を予定しています。
記入:岡本(ま)

15107374_1211495292282169_6754050909711463705_n1

11月の予定です

わくわくわーく千里(千里寮就労準備支援室)の11月の予定です。

11月の予定

 

記入者 岡本(雅)

10月の予定

わくわくわーく千里(千里寮就労準備支援室)の10月の予定です。

10月の予定

記入者 岡本雅

9月の予定

わくわくわーく千里 9月予定表

わくわくわーく千里(千里寮就労準備支援室)の9月の予定です。

記入者 岡本雅

平成28年8月1日 就労準備支援事業開始!

いよいよ本日から事業開始です。

こちらのページでは訓練の様子や毎月の予定表などをアップしていきますので、よろしくお願いします。

f1

 

記入者 西脇