千里寮ダイアリー

3月18日 広報誌

本日より広報誌のページが開設されました!

広報誌は2種類あり、1つは千里寮で発行している「千里寮だより」。

1年に4回(4月・7月・10月・1月)の発行となっており、主に行事紹介や利用者さん達が興味のある記事を載せています。

もう1つは千里サテライトで発行している「さて新聞」。

毎月発行しており行事紹介や今後の予定を載せています。これでみなさん予定を立てているようです(^^)

 

これから定期的に更新していきますので、ぜひご覧ください♪

 

記入者 西脇

3月3日 観梅会

3月3日に服部緑地へ梅を見に行きました。梅の花はきれいに咲いていて、紅梅や白梅を眺めながらお弁当をいただきました。一足先に春を感じることができましたね♪

DSC06373 DSC06375

お弁当を食べた後、公園内を散策したりバトミントンで遊んだりして楽しく過ごされました。

DSC06401 DSC0634012

また、この日は気温が低かったため、お弁当の他に温かいぜんざいが振る舞われました!ぜんざいを食べた方たちは「おいしかった」「あたたまった」と言ってくれて、とても好評でした♪

DSC06403

記入者 福永

2月22日 防災視聴覚指導

今日の映画上映会は、防災視聴覚指導として行われました。

 

「もし今、地震が起きたら~命を守る備えと退避行動~」

 

「がんばってます!自主防災 地域の力で減災」

H26年度視聴覚指導①

の二本立てでした。

 

これを機会に利用者さんの防災に対する意識が高まれば幸いと思いました。

記入者  防火管理者 内堀

2月19日 新たな生活へ

本日、担当していたAさんが地域移行しました。

 

千里寮では、利用者さん一人一人が目標を持ち、自立に向けた様々な支援を行っています。

Aさんの目標は、「生活保護から脱却したい」という目標です。

今回は、その足がかりとなる地域移行です。

 

DSC06298

 

地域移行後も目標に向かって頑張ってください!

 

記入者 萱野

 

 

2月15日 職員より(利用者の暮らしについて)

施設利用者の中には障がいの影響が強い方、身体的な不自由を持つ方、認知症の方など多くいらっしゃいます。その方達は職員含む他者の支援によって生活を整えてもらっている所が多いですが、与えられたものだけでは《自分の人生》とは言い難いかもしれません。

 

利用者には自分で選択・決定・実現する機会を持ってもらい、職員はできる限り(利用者の希望を)実現できるよう、共に日々を過ごしています。

 

◯単身で買い物が難しい車イス・認知症などの方でも、希望があれば職員の引率によって、店に行き好きなお菓子・生活用品を購入できる。(職員が毎回店で購入する)

 

◯キザミ食が好ましいが普通食をどうしても希望する方には、職員の見守りを得て普通食を提供する(⇔施設の都合でキザミ食を提供する)。但し、喉詰めなど起きる様になれば変更してもらうよう説得させて頂く。

 

前述は地域で買い物できる楽しさを知ってもらえますし、後述では実際にやってもらってみると(職員の)杞憂に終わる場合もあります。

 

自分の思い描く生活を叶えることは簡単ではありませんし、職員も全て応えることは正直難しいですが、それでも双方“できないだろう”ではなく、“できるかもしれない”という気持ちを大事に過ごしたいですね。

Flower heart shape

記入者 伊藤

 

19 / 22« 最初...10...181920...最後 »